最高の白ボランチは誰だ!?

どうも、李厳です。
久しぶりにこのシリーズを書きましょうか。

先日、自分のホームでの店舗大会が終了しました。
私は予選で2分1敗。W杯における日本代表のような成績で敗退しました。


今日びエリア登録はU5Rが基本なのに、大会はU5N8という異なるカテゴリの為、チームを作り直していて時間がなかった…のは単なる言い訳です。


さて…
このシリーズでは、白のFW・OMF・GKなどの中で、そのポジションに必要な純正値の高いカードを探してランク付けしてきました。

今回は、そのボランチ編です。



一口にボランチと言っても、その種類は様々です。

狭義的には、4列表記における3列目…俗に「中盤の底」や「アンカー」と呼ばれる守備専門の潰し屋を意味します。
過去に白のテンプレとして使われていたのが、09-10のフラミニや08-09のラサナ・ディアッラなど。

a0184861_11370950.jpga0184861_11372348.jpg














WCCFにおけるボランチの数値的な特徴として、

〇オフェンスよりもディフェンスの方が高い
〇テクニックよりもパワー・スピードが高い
〇スタミナが多め


といった部分が挙げられるでしょう。


U5のカテゴリの場合、得失点に直結するポジションでもない上、FWとWG・CBなどをキラにしたい為に、ボランチにはあまりキラが割かれない傾向があります。
もちろん例外もあるでしょうが、優秀な白がいるならそいつに任せたい気持ちは理解できます。


私は白単でやる事が多い為、色々な選手を使うことが多いのですが、試していて「こいつは堅いな」と思わせる優秀なボランチには、一つの共通点がある事に気付きました。

それは…

ディフェンス・パワー・スピードのトータルが45前後ある

という傾向です。

まぁ、平均で15ある連中が堅いという意味ですね。


そこで今回は、DPS(Defense+Power+Speed)合計が45以上、かつスタミナが15以上のMFで、ランキングを作ってみたいと思います。
ランク付けのルールは以下の通り。


1.【DPSが高い方を優先する】
選手の総合値ではなく、ディフェンス+パワー+スピードの総合値が高い方を優先します。

2.【DPSが同率の場合は、スタミナがある方を上位とする】
今の環境では、ボールに触れる機会が多いと、スタミナが15あろうが途中でガス欠するので、少しでもスタミナ値が高い方を優先します。

3.【なおかつ同率の場合は、テクニックが高い方を優先する】
また同率の場合は、奪取後のパス精度に直結するテクニックを参照します。

4.【それでも同率の場合は、総合値の低い方を優先する】
控えに01-02アントニオーリを入れて、少しでも総合値を減らそうと涙ぐましい努力をしている人の為に、総合値の低い方を優先します。

5.【やっぱり同率の場合は、DPSのうちディフェンスが高い方を優先とする】
ボランチの特性上、ディフェンス値が高い方を優先します。(個人的にはパワースピードが高い方が好み)



厳選された上位20人でのランキングです。
…それではいってみましょうか。





第20位
15-16 ヨハネス・ガイス (11/14/12/16/15/15) DPS45

a0184861_12510049.jpg














第19位
04-05 ホッサム・ガリ  (9/14/11/17/14/16) DPS45

a0184861_12522457.jpg














第18位
13-14 ムサ・シッソコ (12/14/13/16/15/16) DPS45

a0184861_12540888.jpg














第16位(同率)
15-16 スベン・ベンダー (12/15/13/16/14/16) DPS45
13-14 スベン・ベンダー (同上)

a0184861_12565972.jpga0184861_12573040.jpg














第15位
06-07 コスティーニャ (9/16/13/15/14/16) DPS45

a0184861_12592101.jpg














第14位
15-16 3.0 フランシス・コクラン (11/15/14/15/15/16) DPS45

a0184861_13004761.jpg














第13位
05-06 ホッサム・ガリ (9/14/11/17/14/17) DPS45

a0184861_13022376.jpg














第12位
0809 ラサナ・ディアッラ (11/14/13/15/16/17) DPS45

a0184861_11372348.jpg














第11位
08-09 マシュー・フラミニ (10/15/13/15/15/17) DPS45

a0184861_13040723.jpg














第10位
02-03 シモーネ・ペロッタ (13/14/12/16/15/18) DPS45

a0184861_13053375.jpg














第9位
05-06 ママドゥ・ディアッラ (11/15/13/15/15/18) DPS45

a0184861_13071386.jpg














第8位
09-10 マシュー・フラミニ (10/15/13/15/15/18) DPS45

a0184861_11370950.jpg














第7位
10-11 ルイス・グスタボ (10/16/14/15/15/16) DPS46

a0184861_13092528.jpg














第6位
09-10 モハメド・ラミン・シッソコ (10/14/12/17/15/17) DPS46

a0184861_13102714.jpg














第5位
15-16 マリオ・レミナ (10/15/12/15/16/18) DPS46

a0184861_13120546.jpg














第4位
07-08 マハマドゥ・ディアッラ (10/16/12/15/15/18) DPS46

a0184861_13134611.jpg














第2位(同率)
05-06 ラウール・アルビオル (10/16/13/16/15/15) DPS47
14-15OE マサト・モリシゲ
 (同上)
a0184861_13170354.jpga0184861_13162910.jpg














第1位
10-11 ステファヌ・エムビア (9/16/13/16/15/16) DPS47

a0184861_13185980.jpg
















…いかがだったでしょうか?

ランキングの付け方に関しては、私なりの選出方法で選びました。
決して単純に(強い順・使いやすい順)ではないので、誤解のないようお願いいたします。

では、軽い総評をば…


* * * * * * * * * * * * *

上位3名は、事情によってCBにコンバートされたボランチや、ボランチにコンバートされたCBたちが連なりました。
必然、数値が高い訳ですね。

4位にランクインしたマハマドゥ・ディアッラは、優秀なスペックに加えてレアKPも持ち合わせています。
7位のルイス・グスタボは、ランクインしたメンツで唯一の左利き。需要もあるかと思われます。

a0184861_13285246.jpgシモーネ・ペロッタは05-06のトータル89が目を引きますが、
ボランチとしては04-05や今回のキエーボの02-03の方が優秀です。














今回のサプライズ枠は、13位と19位にランクインしたホッサム・ガリ。
メンバー唯一の固定顔選手ですが、パワーとスタミナに特化しており、ボランチスペックとしては優秀です。


全体的には、アフリカ系フランス人が多く見られますが、実際のサッカーの世界でもヴィエラやマケレレの後継者候補はたくさんいます。
次のバージョン、チェルシーで出るであろうエヌゴロ・カンテも楽しみですね。 黒では出すなよSEGA。


今回のランキングは選出をかなり狭めたので、今バージョン人気のあるルーカス・レイバやセバスティアン・ローデは、残念ながらDPSのトータルが44なので選考外となり、また07-08ハーグリーブスや09-10ルーカスなど、過去に使われた定番カードも入りませんでした。

さらに、スタミナ14ながらDPSが高い選手や、DF登録でボランチ経験が豊富な選手も入れておりません。


内緒の話ですが、複数ポジションができるDPSが高めの選手は、ボランチで使っても硬かったりしますよ。
例えば、13-14 マッテオ・ダルミアンとかです。

当然、ここで挙げたカードだけが優秀で、挙げなかったカードが弱いという事はありません。
これはあくまで、数値上の上位を決めるランキングです。

実際の使用感は、必ずしも数値通りではないので、やはり最後は自身の使用感で確認してください。




今回は、この辺で…





WCCF まとめブログに所属しています。

WCCFあんてなに参加しています。




[PR]

by rigenninoti | 2016-10-16 13:39 | WCCF