最高の白FWは誰だ!? ~第一夜 単純スペック編~

どうも、李厳です。
今回は配列報告ではありません。


…先日、カードショップでWCCFのカードを物色していると、
高校生くらいの2人組が10-11のアドリアーノを見ながら…

a0184861_00065157.jpg













A「このカード、強いのかな?」
B「全然ダメだよ。だって数値80しかないじゃん……使えないよこんなの」
A「そっか…そうだよね」

と話してるのを聞いて、私は唸ってしまいました。



WCCFの選手カードは、パラメーターよりもむしろ、個々の「使用感」によって評価が決まる傾向にあります。

実際、数値が低い割に良い動きをする選手がいれば、
逆に数値が高い割に動きが微妙なのもいますよね。

数値が低くても活躍する白FWで言えば、サビオラやオーウェンらが、その顕著な例として挙げられます。



無論、パラが高いに越した事はありません。

一個人で全てのカードの使用感を把握するのは不可能ですし、
そもそもの参考値として、パラが存在している訳ですからね。



そこで今回、disられたアドリアーノの名誉回復の為…という訳ではないですが、
「使用感」とは別に、白のFWで一番「最高」のスペックは誰か?というのを考えてみる事にしました。


「最強」ではありません。
あくまでスペックの「最高」です。





スペックが高いというのは、どういう事か?


選手カードのパラのうち、FWに求められるパラは、
オフェンス・テクニック・パワー・スピードの4つ(以下、OTPSと略)。(スタミナは除外します)


これらは各20段階で数値が振られている訳ですが、理論上は20×4=80がMAXな中、
最高数値が、近年のキラのクリスティアーノ・ロナウドに見る

オフェンス=20
テクニック=19
パワー=20
スピード=19


の78/80になる訳ですね。


クリロナの場合、オフェンスの20を除いたテクニック・パワー・スピードの3部門(以下、TPSと略)でも、
58/60と、現状存在する最大値を誇っております。






さて、これを白カードに当てはめてみると、面白い特徴が浮かび上がります。

まず白カードの場合、TPSの最高値が50/60に設定されているようで、
現在までの所、TPSが51/60以上の選手はいないんです。

加えて、オフェンス=18でTPS=50(OTPS=68)の選手となると、15-16シーズンまでの所、以下の4選手しか存在しておりません。

04-05 ジブリル・シセ(18/4/15/16/19/13)
05-06 フレッジ(18/4/17/16/17/13)
10-11 エマニュエル・アデバヨール(18/5/14/18/18/13)
11-12 パト(18/3/18/14/18/14)

a0184861_00570832.jpga0184861_00580966.jpg












a0184861_00590809.jpga0184861_01003041.jpg












つまり、白FWの中で、FWとしての単純スペックがもっとも高いのは、上記の4選手という事になります。

無論、使用感とは別ですよ。
そこだけは了承してください。





ちなみにOTPSから総合値を割った数値が、そのFWの純度となります。
つまり、総合値に比して%が高いほど、「FWとして特化している」という事が言える訳ですね。

例えば06-07の黒ロナウド。

a0184861_00403383.jpg













レアルからミランに移籍し、衰えが目立ち始めた時期のカード化で、
トータル数値こそ82しかありませんが、そのパラの内訳をみると…

オフェンス■■19/20
ディフェンス■01/20
テクニック■■18/20
パワー■■■■17/20
スピード■■■18/20
スタミナ■■■09/20

となっており、ディフェンスとスタミナが人並外れて低いだけで、
OTPSが72/80、TPSが53/60と、並のキラFWなんかよりもパラ自体は高く設定されております。

その純度を見てみると、

72(OTPS)÷82(総合値)=0.878…

実に総合値のおよそ88%が、FWに必要な能力というハイスペックなカードと言えるわけです。



…ちなみに全選手中、もっともFWの純度が高いのは、07-08の黒ロナウドで、

a0184861_00481777.jpg













69÷76=0.90789…

そのFW純度は、およそ91%にも及びます。


これが白FWの場合はどうか?

上位3位までを上げると、

1位 10-11 ケイリソン → 0.846
2位 06-07 ロビー・ファウラー → 0.842
3位 10-11 アドリアーノ → 0.838

a0184861_01494416.jpga0184861_01495684.jpga0184861_00065157.jpg















…実に意外な結果となりましたが、件の高校生にdisられていた10-11アドリアーノは、ことFWの純度では白FW屈指の高スペックだった事になります。

むしろ、TPSが白の上限である50に至っている点で、もっと評価してやっても良い気がします。
…が、この3人の中なら、スーパーサブを持っているファウラーを選んでしまいそうですがね。


次回は、そのスーパーサブ編を書いてみようと思います。


今回は、この辺で…





WCCF まとめブログに所属しています。

WCCFあんてなに参加しています。


[PR]

by rigenninoti | 2016-04-05 02:05 | WCCF